小さな組織を強くする。起業・開業前に知っておきたいノウハウ。

たのしい経営

たのしい経営学

どれだけ売れば利益が出るの?損益分岐点売上高の計算方法と注意点

自分の事業を継続していく為には一体いくらの売上が必要なのだろうか。

私財を投じて事業に必要な物を準備し、損失が出ても全ての責任を自分で負います。
ここの数字が明確にイメージ出来なければ、常に不安を抱えて事業を行なっていくこととなるので、損益分岐点という考え方は非常に重要な要素であると思います。

損益分岐点計算は独立して事業を起こそうと思った計画段階から非常に重要な意味をもつ指標です。
事業を行う上で重要な要素ですから、これは経営者は肌感覚としてわかるようにしておきたいですよね。

ここでは、損益分岐点の考え方を理解して頂ければと思っています。

損益分岐点とは

損益分岐点とは、一年間の事業を行った際に、利益がゼロになる売上高のことです。

事業を始めたばかりで売上ゼロであっても、事務所経費や人件費など固定的な費用が発生します。売上ゼロの状態は赤字なのです。

下表のように、固定費分まるまる赤字の状態からスタートして、売上と総費用が一致する場所が損益分岐点となり、そこを超えてはじめて利益が生まれます。

計算方法を応用することで、残したい利益の金額と必要な売上高を算出することも出来る便利な経営指標になりますので、是非覚えておいてください。

損益分岐点把握の重要性

特に税務会計は、一年間の営業活動が終わったものを集めて決算書や申告書にしていくものです。

つまり、一般的には税理士の作る会計は過去の結果であり将来に向けたものではありません。
経営者としては、将来の見通しを立てていかないといけないので、そんな悠長なことは言ってられません。
利益目標を達成する為に、各部門や個人の目標に分解して導いていかなければいせません。

いくら売り上げればどれぐらいの利益になるのかという感覚は、経営者にとって非常に重要になるのです。

計算に必要な数字の分類

損益分岐点計算においては、固定費と変動費に分ける必要がありますので、その意味を解説します。

固定費

固定費とは、売上高に関わらず固定的に発生する費用で、極端に言えば売上ゼロでも発生する費用のことです。
事務所や店舗の家賃等がこれに当たります。

変動費

変動費は売上に比例して増える費用、主にしょうひんやざいりの仕入れ高等がこれに当たります。

損益分岐点の計算式

計算は非常に簡単で、以下の計算式に当てはめれば大体の数字が出ます。

売上高-変動費率×売上高−固定費=営業利益

ここに、求めたい数字をアルファベットの文字として、その他の数字を入れて求めていきます。

例えば、固定費が3,000万円の会社の変動費が40%だった場合の損益分岐点を求める場合は、以下のように代入します。

S(売上高)-0.4(変動費率)×S(売上高)−3,000万円(固定費)=0(利益額)

これを計算すると、損益分岐点売上高が5,000万円と出ます。

これをグラフにしてみると以下のようになります。

損益分岐点のグラフ

売上高はゼロから45度の線を描いています。

売上ゼロでも固定費(FC)が発生しているのがわかりますね。固定費にプラスして売上増加と連動して変動費(VC)が増えていくのがわかります。

商品一つ売れた時の粗利益が固定費を回収に充てられるとイメージすると、粗利益の合計額が固定費と一致する地点が損益分岐点となります。

固定費+変動費が総原価となり、売上高-総費用が利益となります。

計算式だけでは計算できない

上記ののように計算式に当てはめれば、簡単な計算で損益分岐点とが導き出せます。
しかしながら、難しいのは何が固定費で何が変動費か見極めることであると思います。

人件費は売上が増えれば増員しなければ回りませんが、短期的に売上が減ったからと言って簡単に減らせない等、判断に迷うところが出てくる為多くの業態では簡単に振り分けられません。

個別に売上高との関係性を考慮して、正規雇用の方は固定費、アルバイト雇用の方は変動費などに分けるなどの対応が現実的ではないかと思います。

このように各勘定科目で検証を行い、変動費の割合を導き出していきます。

その他の変動要因

税込経理の場合は消費税や減価償却費、家賃の更新料も考慮しておく必要があります。
よくあるのが、数字の信頼性を高めたいが為に、直近3ヶ月の月次試算表から計算することがありますが、上記ののような期末にまとめて計算する場合がある費用も忘れずにに算入するようにしましょう。
収益構造の変化が、なければ、前年1年分の決算直前でズレるリスクの軽減ができます。
経営に関しては、色々な検証方法や同業他社の経営指標などの情報がありますが、個別の内容に合わせていく必要があると思います。

まとめ

損益分岐点の分析は、事業を始めるにあたって事業計画を作る段階から非常に重要な役割を果たします。

銀行から借り入れをする際に事業計画を作る時の利益推移の根拠にもなりますし、市場規模の分析をしたとして、その市場規模、見込まれる売上高で利益が出せるのか。

重要な意思決定に関わる部分ですので、計算できちんと根拠を持って判断を行いたいところです。

検証の際に非常に役に立つ指標ですので、是非使ってみてください。

-たのしい経営学
-

Copyright© たのしい経営 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.