小さな組織を強くする。起業・開業前に知っておきたいノウハウ。

たのしい経営

中小企業あるある話

粉飾決算って何?脱税との違いや見破る方法とは

粉飾決算とは

正しく損益を把握する為に、会計には多くの基準やルールが設けられています。
粉飾決算とは、損益計算書上利益を多く見せる為に会計のルールから外れた方法により利益操作を行うことです。

粉飾決算は何の為に行うのか

粉飾決算を行うのは、業績を実際の数字よりもよく見せたいというのが理由でしょう。
業績を良く見せることで、銀行からの借り入れがしやすくなったり、株価が上昇、取引がしやすくなるなどの多くのメリットがあります。

粉飾決算と脱税とは何が違うの?

一般的に粉飾決算とは利益を多く見せる為に行われる行為のことであり、脱税は逆に利益を少なく見せることで課税される税金を少なくする為に行われます。
どちらも不正会計であり、言葉だけでは違いがわかりにくいですが、粉飾決算と節税(脱税)は会計数字上は全く逆の動きをすることになります。
粉飾決算はやればやるほど利益を増やす結果になりますので、納める税金は増えることになります。

会計基準や税法の特例等を駆使して合法的に行われるのが節税であり、税法のルールを逸脱する方法で行われるものが脱税にあたり、
重加算税等のペナルティを受けたり刑法により罰せられたりすることもあります。

よくある粉飾決算の手法と見破る方法

銀行を舞台にしたドラマなんかで「粉飾を見破れなかった自分の責任だ」なんてセリフがよく出ていますよね。
粉飾は悪いことですし刑事的な責任も発生しますが、粉飾により損害を被って刑罰が確定したとしても金銭的被害は民事裁判で別途戦う必要があり、相手に支払能力がなければ取り返すのは難しいのが実情です。
特にビジネスの場においては、自分の身は自分で守っていく必要があります。

粉飾決算を見破る為にはどこを見れば良いのでしょうか。

複式簿記では原則として、損益計算書と貸借対照表は繋がっており、借方と貸方でバランスを取ります。
何か不適切な仕訳をした場合、反動で必ず別の場所に歪みが出ます。
会計の業界では「溜まり」と言いますが、貸借対照表で不自然な点を探していくことで粉飾決算が見破れることがあります。

棚卸資産(商品)を増やす

棚卸資産を増やすことで、売上原価を少なくし利益を増やすことができます。
期末に実際に在庫が1000万円あったのを、2000万円と計上することで差額の1000万円は資産として商品を保有している
ということになり、原価に計上されないという仕組みです。

棚卸資産とは、本来は仕入をしてから販売するまでのタイムラグを埋める為の科目です。
例えば、期末に1000万円の仕入れをしたけれど、実は当期中に10万円しか売れていませんでした。
仕入をしたからといって、まだ売れていない在庫分の1000万円を費用として計上するのは妥当でしょうか。
それこそ利益調整で期末に商品を仕入れれば節税ができることになってしまいます。

その為、税務上は対応する売上と費用は同じタイミングで計上するのが原則となっています。

実際よりも在庫を計上することで手っ取り早く会計上の利益を増やすことができますが、
資産として帳簿上在庫を過剰に抱えていることになります。
棚卸在庫(商品)が同業他社や過去の決算書と比べて異常に増えていると粉飾が疑われます。

また、原価率の推移を見ていくことで粉飾を発見することも可能です。
売上が10000万円の会社が仕入原価率が50%であったとすれば、その年の原価は5000万円であるのが妥当です。
しかしながら棚卸を1000万円水増しすることで、原価が4000万円に減ることで利益が増えます。
原価率で考えると40%になり、異常値であると認識することで不正を発見することができます。

適切に減価償却を行わない

設備投資や備品の購入などをした場合は、いちど資産に計上して耐用年数に合わせて按分して費用に計上していきます。
例えば、車を購入したら1年で価値がなくなる訳ではなく、長期にわたり使用できて利益を上げる為に貢献をしてくれます。
その為、一度に費用計上できる訳ではなく耐用年数で按分して費用計上をしていきます。
税法上定められている償却限度額の中で費用計上していくこととなります。
費用はすでに支払ってしまっている為、非資金費用と言われキャッシュには影響しない費用です。

資産をいくら償却するかは事業主の自由であるという側面はありますが、
会計上も償却期間に合わせて償却していくのが一般的であり、
利益を操作する目的で意図的に償却しないと粉飾を疑われる可能性があります。

事業主としては操作をしやすい項目ではありますが、減価償却で利益を操作しても効果は薄く、
銀行側も貸したお金が回収できるかどうかという視点で決算書を見ますので、計上すべき減価償却費が
計上されていないような場合は差引してその会社の本来持っている稼ぐ力を見るので、高価は薄いのではないでしょうか。

計上時期の前倒し(後ろ倒し)

決算書は1年間の売上から、費用を引いて残った額が利益となります。
1年間という期間を設定してはいますが、事業は関係なく継続をしています。

翌期に計上すべき売上を前倒して当期に入れたり、当期に計上すべき費用を翌期に繰り延べることで、利益を増やすことができます。
税法の原則では売上と費用が対応させなければいけないので、当期に入れるべき売上を繰り延べたり、来期の売上に対応する費用を当期に入れることで利益を減らす行為をすれば、節税目的で行うと税務調査の際に指摘を受けて修正申告を行わなければいけなくなります。

粉飾決算が発覚した場合は罰則があるの?

役員による特別背任罪や、取引先に対する詐欺罪が代表的であり、懲役や罰金刑が規定されています。
粉飾決算には刑事責任が課され、対象となる罪も状況により多岐にわたります。

粉飾決算は麻薬のようなもの

粉飾決算は麻薬のようなものだと言われており、絶対にやってはいけないものとされています。
最初のうちは、銀行からお金を借りたいから決算書を少しでも良く見せたい、会社の評価を高めたいなどの
些細な理由で帳簿の操作を行うことが多いように思います。

経営者として、帳簿の計上の仕方により利益の操作することを覚えてしまうと後戻りできなくなるリスクを抱えてしまいます。
例えば、在庫の水増しで利益を多く計上してしまった場合、その穴埋めをする為に翌期にさらに多くの在庫を計上しなければ
いけなくなります。それが積み重なると経営規模に見合わない過剰な在庫が帳簿上存在して、帳簿の状況がどんどん悪くなっていきます。

複式簿記では貸借でバランスを取っており、損益で何かを操作すると貸借対照表上で不自然な数字が発生してしまいます。
利益を上方操作した場合、いつかそれに対応する費用を計上しなければ解消ができません。

極端な話ですが、売上規模が1億円の会社に5億円の在庫があればどう思うでしょうか。
経営分析の世界でも、棚卸資産回転率という経営指標があり、業界内の平均と比較して在庫が過大でないか等を
検証することも出来ます。
ほんの小さな利益操作が、何年か経過すると取り返しのつかない事態になります。

まとめ

粉飾決算の大半は相手を騙してやろうと悪意を持ってやるものではありません。
悪意どころか、会社の危機を何とかしようとやむなく行うケースの方が多いでしょう。
だからといって、粉飾決算はルール違反であり、絶対にやってはいけません。

今期は一時的に厳しい状況だから、ここを乗り切れば取り返すことができる。
来期取り返してちゃんと費用計上をして辻褄を合わせれば大丈夫。

状況が悪い中やむなく粉飾を行って、来期に業績が好転するなんて保証はどこにもありません。
事業は継続しているので、次期はさらに大きく粉飾をしなければいけなくなり、
いちどやってしまうと後戻りが出来なくなり、状況はさらに悪くなります。

帳簿上で利益を操作して現実は何も変わりません。
粉飾をしなければいけない状況にならないように、日々利益を積み上げられるよう運転していくことが一番であると思います。
適正な利益を出して経営者も社員も幸せな経営が出来ることを願っています。

-中小企業あるある話
-

Copyright© たのしい経営 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.