小さな組織を強くする。起業・開業前に知っておきたいノウハウ。

たのしい経営

中小企業あるある話

どうやって選べばいいの?税理士の選び方と注意点

独立して事業を始めるにあたり、心配ごとの上位に必ず上がってくるのが会計や税務申告です。
営業力であったり、料理の腕であったり、独立する時には自分の得意分野で勝負をしていくのが普通であると思いま

しかし、日本で事業を行う限り、日々の経理業務や帳簿の記帳、毎年の税務申告を行わなければいけません。
仮に知らなかったとしても、制度上定められた税務申告や納税を正しくやならければ大きなペナルティを受けることになります。
税法は非常に難解であり、自社の税務申告をする為に自分で申告書を作れるレベルまで税法を学ぶというのも現実的ではありません。
ですので、多くの中小企業は税理士に税務顧問を依頼するのが一般的です。

税理士はどうやって選べばいいの?

税理士を探そうと思った時、どうやって情報を集めるでしょうか。
ひと昔前は、今のようにインターネットが発達していなかったうえに、税理士の広告規制があり自由に広告を出すこともままならなかった時代がありました。
そのため知人に紹介をしてもらったり、税理士会の名簿を見に行ったり、大変だったようです。

今は広告規制も大幅に緩和され、インターネットの発達もあり非常に探しやすくなりました。
しかし、実際に「税理士」と検索をすると、ものすごい数の税理士事務所が検索に引っかかり、逆に何を基準に決めれば良いのかわからなくなってしまいます。
税理士はどのようにして選べば良いのでしょうか。

自宅や会社の近くの税理士事務所を選ぶ

ひとつは地理的な決め方です。
会社の事務所の近くの先生を選ぶことで、資料をすぐに渡しに行ったり、隙間時間で相談に行けるなどのメリットが多くあります。
地元で基盤を作っているということも安心感につながり、地理的に近い税理士を選ぶ方はいまでもたくさんいます。

税理士の人柄で選ぶ

税理士を選ぶうえで自分に合うか合わないかというのは非常に重要です。
税理士は企業の掛かりつけのドクターだと言われるように、会計資料のやり取りや申告など、定期的に必ずやり取りが発生するので税務だけでなく経営に関する様々な相談ができる経営者にとって一番身近な相談相手であるという側面があります。
税理士業務は税務申告書や決算書という成果物はありますが、原則はサービス業です。
最低限の処理を安くやる先生もいれば、顧問料は高くても手厚くサポートしてくれう先生もいます。自分がどういった付き合い方をしたいのかを考えて、それに合う先生を探すという考え方も必要であると思います。

税理士の得意分野で選ぶ

同じ税理士でも、得意分野と不得意分野が色濃く出ます。
たくさんある税務科目の中から5科目合格すれば税理士になることができる税理士試験の特性上、税理士の有資格者であっても勉強したことがない分野が必ずあると思って良いでしょう。
例えば、相続税に関して全く勉強をしたことがなくても、他の科目で合格することで税理士になることができるのです。

さらに、独立開業をすると自分の得意分野で勝負していくことになると思います。
もちろん、税理士を名乗って仕事をしていますので、その分野は専門外だとか、知らないとは言いにくく依頼があれば受ける場合が多いと思います。
きちんとした仕事はしてくれるとは思いますが、数多くその分野の仕事をこなしている税理士と比べると差は出てくると思いませんか。

そういった理由から、多くの税理士が得意分野を持っており、自社の事業領域や分野を得意としている税理士を選ぶことでメリットを享受できます。

ホームぺージを見てもよくわからない

ホームページを持たず人からの紹介で仕事を取っている税理士もいますが、最近では多くの税理士がホームページを持っています。
しかしながら、多くの税理士事務所のホームページが、広く浅い内容であり、
個人の確定申告やります、会社の顧問もやります、相続もやります、贈与税もやります、何か悩みがあったら相談してください、私の事務所はココです。
といった、いわゆる「名刺代わり」ような内容のものが多く、実際何が得意なのかがサッパリわからない事務所が多くあります。

だからサービスレベルが低い訳ではなく、特定の分野で凄い功績を持っている先生である可能性もあるのです。
逆に素晴らしく作り込まれたホームページを持っている事務所のサービスレベルが高い訳でもなく、ホームページの制作依頼をした制作会社が良かっただけかもしれません。
マーケティングの上手い、下手はわかりますが、税務の仕事のレベルを図れるとは思えないのです。

例外はもちろんあります。
「相続専門〇〇税理士法人」というような事務所や、「会社設立から創業支援一筋」といったような、特定の分野に特化した事務所もありますので、そういった分野の場合は自分で調べて問い合わせをしてもるのもひとつだと思います。

税理士紹介サービスでマッチングしてもらう

近年では税理士の紹介サイトというものが複数存在しています。
税理士紹介サービスを行っている会社の担当者は、日々たくさんの税理士先生の事務所を行き来しています。

どの税理士がどんな領域が得意なのか、人柄はどんな人なのか、他の会社を紹介した結果評判はどうだったのか、というような、他では知ることができないような情報をたくさん持っています。

自分の目で色々な事務所を試せれば間違いありませんが、税理士事務所はいちど契約してしまうと、税理士を変えるには大きな労力を使います。
今まで使っていた会計ソフトに対応しているのか、過去の申告データの移行、電子申告のパスワードのやり取り、新しい事務所のやり方に合わせて仕事の流れを変えるなど、結構大変です。
出来ることならば、最初に契約した事務所から変える必要がないのがベストですよね。

多くの税理士紹介サービスでは、転職サイトと同様に紹介先の税理士事務所が費用を負担するので、税理士を探す人は無料で利用できます。
紹介だからと言って決め打ちではなく、実際に決める際には候補になる複数の税理士と面談することはもちろん、顧問料の相見積もりを取ることも可能です。

税理士紹介サイトを複数利用することも可能ですし、自身で調べた事務所と比較検討することももちろん可能です。
知ってる税理士がいるとか、何が何でも自分で探して決めたいということがなければ利用してみるのも手だと思います。

紹介サイトは以下のようなサイトです。
是非参考にしてみてください。

参考:税理士紹介サービス

税理士紹介エージェント
あなたに合った税理士を何度でも無料で紹介というコンセプトで税理士を探してくれます。こちらの記事でお話をしている自社に合う税理士という考え方を持っている紹介会社です。こちらの記事に共感して頂ける方にはオススメできる会社です。

税理士選びなら税理士ドットコム
Webページの完成度が高く使いやすい会社です。業種や会計ソフトで絞り込みが出来るなど充実しています。
幅広い問い合わせに対応できる情報量や実績を求める方にオススメのサービスです。

全国で格安税理士はベンチャーライフ
ベンチャー企業を中心に格安を謳っている紹介会社です。ホームページ上の料金の表記も決算料がないなど、顧問料を抑えたい方には使いやすいサービスです。

-中小企業あるある話
-

Copyright© たのしい経営 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.