小さな組織を強くする。起業・開業前に知っておきたいノウハウ。

たのしい経営

中小企業あるある話

赤字でも潰れない会社と黒字なのに潰れる会社の違い

世の中の会社の7割は赤字という言葉を聞いたことがあるかと思います。なぜ赤字でも潰れないのか不思議に思われる方が多いのではないでしょうか。

赤字経営とはどんな状態か

赤字経営とはどんな状態でしょうか。損益計算書において、期中の売上高から費用を引いた金額がプラスであれば黒字、マイナスであれば赤字です。

事業を長期的に継続していく為には黒字を出していく必要があるのは間違いありません。

しかし、赤字が長く続いている会社が潰れることなく続いているのとがあるのも事実です。
なぜ赤字が続いても継続が出来るのでしょうか。

倒産とはどういう状況なのか

倒産という言葉は法律用語にはありません。倒産を定義するならば、支払うべきお金が支払えない状態になっていまうということです。

手形取引を行なっている場合は、手形の期限に口座預金がないと不渡りという状態になり、これを2回やってしまうと銀行取引が停止となり事業継続が出来なくなることで事実上の倒産という状態になります。

最近は手形取引をしている会社も減っている為、手形の不渡りによる 銀行取引停止ということは少なくなりましたが、支払うべきお金が確保できないと事業継続が出来ないことに変わりはありません。

そこからは解散、清算の手続きに入り、債権者が残余財産の分配をしていく流れで進んでいきます。

資金が足りない時はどうするか

支払うべきお金が払えない時はどうするのか。

資金の確保する

運転資金が足りなくなった場合は何かしらの方法で資金を調達する必要があります。方法は複数存在しますが、会社がきちんと存続して返済されることや、利益を出して分配される期待があることが前提となる為、期待値や信用がないと調達は難しくなります。

銀行から借入をする
役員や株主から借入れをする
社債を発行
新たに株式を発行する

支払いを先延ばしにする

支払いを先延ばしにしてもらったり、免除してもらうことがあります。支出を抑えることも資金調達と同じ効果を持ちます。

取引先に支払いを期限の延長をしてもらう
税金の支払いを分納にしてもらう

銀行への返済を待ってもらう

銀行への支払いを待ってもらうことがあります。俗にリスケと言いますが、銀行としては倒産してしまえば丸々回収が出来なくなるので、協力的な場合が多いです。
しかし、いちどリスケをすると今後の融資を受けるのが難しくなる為、安易に行うべきではありません。

赤字でも事業が継続するケース

7割が赤字経営と言われるぐらいであることからわかるように、赤字経営であっても会社は存続できることがあります。

親会社等がある場合

親会社ががあり、親会社の事業に必要な部品やサービス等を提供している場合、親会社からの借入により赤字でも継続しているケースがあります。

社長や株主が補填している

中小企業では社長が出資して株主であるケースが多くあります。役員報酬と会社利益を調整して意図的に赤字にしていることがあります。赤字が社長の役員報酬の範囲内であれば、社長が役員報酬を受け取らず会社への貸付とし処理することで資金が回っている会社も実際に多くあります。

例えば、社長の役員報酬が2,000万円取っている会社が、赤字100万円であったとしても、役員報酬の一部を補填すれば潰れるような事態にはなりません。
赤字の金額が社長の役員報酬の範疇であれば、会社は存続できる可能性があります。

意図的に利益調整している

意図的に利益調整を行なっている会社は多くあります。帳簿上赤字だあっても事業継続に支障のない範囲で調整している為、赤字でも経営を続けられます。

黒字倒産とはどんな状況か

黒字倒産という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、どういう時に起こるのでしょうか。

上記でお話しした通り、支払うべきお金が支払えない時に倒産という状態になります。
例え黒字であっても、資金が足りなくなれば倒産という状況は起こり得ます。

売上の回収スパンが長く先に支払う物が大きい
黒字金額以上の返済がある場合などは、現金が減ってしまうタイミングがあります。
ここを乗り切る運転資金が確保できるかどうかが分かれ目になります。

また、売上は立てられていても取引先の倒産等でお金が回収できないような場合にも起こり得ます。

まとめ

経営における大原則として損益が黒字であることは長期の事業継続にとって非常に大事です。
しかしながら、キャッシュが回るかどうかはそれ以上に重要です。

極端な話ですが、赤字がどれだけ続こうが運転資金があれば事業継続は出来ますし、逆に利益が出ていたとしても、資金がショートすれば事業継続は難しくなります。

損益計算書上はきちんと利益を出している会社であっても、貸借対照表は酷い状態にある会社も一定数存在します。

資金繰りが悪い時は精神的にも非常に大きなストレスを抱えることになりますので、余裕を持った資金調達を行なってください。

-中小企業あるある話
-

Copyright© たのしい経営 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.