たのしい経営学

たのしい経営学

難しくて面倒くさい確定申告。無申告のままだと税金はどうなるの?

日本で事業を行うと、どんなに小さな会社でも個人事業主でも、売上や経費を集計し税務署に申告しなければいけません。 どんなに税務申告を頑張っても売上が増える訳ではありません。 申告が面倒くさい、会計の知識がなく訳がわからない、時間がない、領収書どこいった、苦痛でしかない。 やりたくない! 好きな仕事をしたくて独立したハズなのに。 なんでこんな面倒なことやらないといけないんだよ。 何かしらの理由をつけて先延ばしにしたくなる気持ちはよくわかります。 しかしながらお金を稼ぐ以上、義務として必ずやらなければいけません ...

たのしい経営学

減価償却費ってなに?計算のイメージと経営者が理解すべき理由を解説

事業を始めて設備を購入すると、減価償却費という概念が出てきます。 減価償却費って何なのでしょうか? 決算書を見ていると減価償却費という項目があります。 損益の項目にあるので、費用だろうなという想像はつくかと思いますが、会計の知識がない人にとっては非常に理解しにくいものですよね。 実際に経営者の方と決算前後の打合せをしている時には、減価償却の話をよく聞かれます。 実際に減価償却費は、利益や納税額に影響するほか、キャッシュの流れにも影響を与えます。 概念を理解していなければ利益や納税対策も出来ないので、経営に ...

たのしい経営学

格差社会の正体とは?日本の安くて便利を支える仕組みを解説

日本は世界有数の経済大国であり世界的にも豊かな国とされています。 一億総中流社会や終身雇用、老後も年金で安心と言われた時代がありましたが、高度成長期、バブル経済の時代の終わりとともに日本経済は大きく変化をしてきました。 日本は物質的に豊かで、当たり前に安くて良いサービスが受けられ、消費者として大きな恩恵を受けられる便利な世の中になっています。 一方で非正規雇用や貧困の問題。格差社会の広がりなどの問題も顕在化しています。 豊かな国であるはずなのに、なぜこういった問題が生まれるのでしょうか。 日本は豊かな国で ...

たのしい経営学

ステマって何?意味やリスクを解説!

ステマという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 近年インターネットの発達し、SNSや口コミ昨日の発展により双方向の情報発信が活発に行われるようになりました。 インターネットの登場によりマーケティングの革命とも言える変化を通して活発に行われるようになりました。 以前は王道と言われていたマス広告からインターネット広告に移行し複雑化してきています。 マーケティング手法を比較していきましょう。 ステマとは ステマとはステルスマーケティングの略称です。消費者が発信する口コミなどの情報を、企業などが自作自演で高評価を ...

3人寄れば、グループシンク

たのしい経営学

グループシンクってなに?人が集まって議論すると起こる2つの現象

一人で仕事をしている時は意識しないと思いますが、仕事のレベルの上がったり規模が大きくなってくると、従業員を雇ったり協力関係にある人と連携して仕事をする機会が増えてくると思います。 組織化して仕事を分担することで、一人では到底成し得ないような大きな仕事や難しい仕事を完成させることができ、素晴らしい成果を得ることも出来るでしょう。しかしながら人がたくさん集まって議論をするとどうなるのでしょうか。 人が集まった時にどういうことが起こるのか知って動くことでスムーズな組織運営に繋がるので 知っておいて損はありません ...

損益分岐点の使い方と活用

たのしい経営学

どれだけ売れば利益が出るの?損益分岐点売上高の計算方法と注意点

自分の事業を継続していく為には一体いくらの売上が必要なのだろうか。 私財を投じて事業に必要な物を準備し、損失が出ても全ての責任を自分で負います。 ここの数字が明確にイメージ出来なければ、常に不安を抱えて事業を行なっていくこととなるので、損益分岐点という考え方は非常に重要な要素であると思います。 損益分岐点計算は独立して事業を起こそうと思った計画段階から非常に重要な意味をもつ指標です。 事業を行う上で重要な要素ですから、これは経営者は肌感覚としてわかるようにしておきたいですよね。 ここでは、損益分岐点の考え ...

M&Aの仕組みと用語

たのしい経営学

ニュースやドラマが面白くなる?M&Aの仕組みと用語を解説

ニュースやドラマを見ているとM&Aに関する用語がよく出てきますね。 ドラマの敵対的M&Aのシーンでは、買収側と被買収側の緊迫した攻防が描かれてたりしますよね。 実際に株式のやり取りをする方は多くないかもしれませんがら、知っておくことでニュースやドラマの理解が出てきた時に何が起こっているか理解ができるようになります。 M&Aとは? M&Aとは、一言で言えば株式の取得による会社支配権売買です。会社における意思決定のプロセスは会社法により以下のように定められています。 会社における意思決定の最高機関は株主総会で ...

マネジメント理論

たのしい経営学

相手によって対応を変えるべき?マグレガーのX理論、Y理論のマネジメント

事業の立ち上げがうまくいき、規模を拡大していく為には自分ひとりの力ではすぐに限界がきてしまいます。 物理的に自分ひとりで対応できる仕事量は小さなものです。 規模を大きくしていく為には、人を雇って仕事を任せていく必要がありますよね。 人のマネジメントは年々難しくなっている 人を上手に活用していくのは難しく、多くの経営者が苦労している部分です。 昭和の時代は仕事第一で、少々無理をしてても仕事を優先する風潮があり、軍隊みたいな組織も多く存在していました。 最近は考え方の多様化や、働き方改革が進んできたこともあり ...

会社員とフリーランスの違い

たのしい経営学

独立する前に知っておきたい。会社員とフリーランスの違い。

働き方改革が叫ばれはじめて、残業が減ったり有給が使いやすくなったり職場の環境が変わり始めた人も多いのではないでしょうか。 高速回線やクラウドソフトが一般化して、高額な設備投資等が必要なくパソコン1台あれば仕事ができることも多く、会社に所属することなくフリーランスで働ける仕事も増えてきました。 しかしながら、会社員として雇用される場合とフリーランスとして働く場合は条件が全く異なりますので注意が必要です。 会社員とは 会社員とは雇用主と労働者で労働契約を結びます。年俸制、月給制、時給制と契約により様々あります ...

中小企業あるある

中小企業あるある話

ネットから契約を取りたい!ランディングページの必要性を解説

会社を経営するうえでは顧客や売上の確保は大きな課題です。外回りで営業をしたり、紹介してもらったり、広告を出したり、苦労をしている経営者も多いのではないでしょうか。 インターネットからバンバン問い合わせや契約が取れればどんなに嬉しいか。多くの経営者が可能性を感じてホームページの作成をされています。 しかしながら、相手の顔が見えないインターネットの世界では、どうすれば契約をや問い合わせが取れるのかわかりにくく、集客は多くの経営者の課題となっています。 ここではインターネット集客におけるランディングページの必要 ...

中小企業あるある話

借入金とは?借入金の怖さやメリットを解説

事業を始めようとすると、多くの場合は初期投資が必要になります。 お金を借りらえても返せなくなったらどうしようかと心配な面も多くあります。実際に事業がうまくいかなければ借金を抱えて廃業に追い込まれることになりますので、借入を行うに当たっては相当な覚悟が必要になります。 しかしながら、借入金は適切に利用することで事業の発展や時間短縮に寄与します。きちんと利益を出せば、利息を払ったとしてもそれ以上に実入りも大きくなる非常に有意義なものとなり、借り入れを活用するメリットは非常に大きいと言えます。 借入金とは 借入 ...

中小企業あるある話

コーポレートサイトとは?役割や必要性を解説

インターネットが全世界に普及し、日本国内においても高齢者もスマートフォンを使いWEBで検索を行える時代になりました。手軽に情報を検索できる為、人に聞いたり、本を読んだりする前に、まずインターネットで検索をするというのが一般的になりました。 自社のサイトを作ることで、インターネットを利用する多くの見込み客にPRをすることが可能となります。 インターネットは金脈と言われることもあります。 知りたい、やりたい、買いたいなど、多くの人が目的を持って検索をしています。 インターネットを使って集客を仕組み化することで ...

中小企業あるある話

アクセスがない!?ホームページに集客をする為に必要なこと

インターネットの発達により、コーポレートサイトぐらいはないと信用に関わると、中小企業においても自社サイトを作った会社は多いのではないでしょうか。 インターネットからの集客が出来れば売上も伸ばせると期待を持ってコストをかけて自社サイトを作ったものの、アクセスなんてほとんどなく、過去一度も問い合わせがない。 さらにコストをかける気にもなれず、名刺代わりのホームページに落ち着いてしまっている会社も多いのではないでしょうか。 物理的な物や相手が見えないインターネットの世界においては、もはや何をすればいいのかわから ...

中小企業あるある話

バックオフィスの効率化。中小企業が経理をアウトソーシングすべき理由。

小学生の頃、日本における3大義務を学んだのを覚えてますでしょうか。 「勤労の義務」と「教育の義務」とともに、 日本国憲法第30条に「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。」と明記されています。 日本において事業を行う場合は、日々の取引を帳簿にまとめ、決算書を作成し税務申告を行う必要があります。 個人であっても確定申告、確定申告を行うことで国に収支を申告し納税をしなければいけません。 これは、事業規模にかかわらず必ず行わなければならず、やらなければペナルティを受けることになります。 中小企業に ...

中小企業あるある話

赤字でも潰れない会社と黒字なのに潰れる会社の違い

世の中の会社の7割は赤字という言葉を聞いたことがあるかと思います。なぜ赤字でも潰れないのか不思議に思われる方が多いのではないでしょうか。 赤字経営とはどんな状態か 赤字経営とはどんな状態でしょうか。損益計算書において、期中の売上高から費用を引いた金額がプラスであれば黒字、マイナスであれば赤字です。 事業を長期的に継続していく為には黒字を出していく必要があるのは間違いありません。 しかし、赤字が長く続いている会社が潰れることなく続いているのとがあるのも事実です。 なぜ赤字が続いても継続が出来るのでしょうか。 ...

中小企業あるある話

どうやって選べばいいの?税理士の選び方と注意点

独立して事業を始めるにあたり、心配ごとの上位に必ず上がってくるのが会計や税務申告です。 営業力であったり、料理の腕であったり、独立する時には自分の得意分野で勝負をしていくのが普通であると思いま しかし、日本で事業を行う限り、日々の経理業務や帳簿の記帳、毎年の税務申告を行わなければいけません。 仮に知らなかったとしても、制度上定められた税務申告や納税を正しくやならければ大きなペナルティを受けることになります。 税法は非常に難解であり、自社の税務申告をする為に自分で申告書を作れるレベルまで税法を学ぶというのも ...

信用取引のリスクと対策

中小企業あるある話

料金を払ってもらえない。信用取引のリスクと対策

携帯電話や電気代をはじめ、使った分に対して後から請求が来る取引は個人の取引でもたくさんあり、当たり前に行われています。 身近な取引形態ではありますが、売り手にとってはリスクの高い取引になります。 信用取引の特性やリスクについて整理していきましょう。 信用取引とは 信用取引とは、取引の際に商品や役務の提供が完了してから請求、入金となる料金後払いとなる契約形態のことです。 契約の原則は、商品やサービスの提供と対価の支払いは同時履行されるべきであり、民法上、同時履行の抗弁権というという権利もあります。 しかしな ...

粉飾決算の代表的な手口と見破る方法

中小企業あるある話

粉飾決算って何?脱税との違いや見破る方法とは

粉飾決算とは 正しく損益を把握する為に、会計には多くの基準やルールが設けられています。 粉飾決算とは、損益計算書上利益を多く見せる為に会計のルールから外れた方法により利益操作を行うことです。 粉飾決算は何の為に行うのか 粉飾決算を行うのは、業績を実際の数字よりもよく見せたいというのが理由でしょう。 業績を良く見せることで、銀行からの借り入れがしやすくなったり、株価が上昇、取引がしやすくなるなどの多くのメリットがあります。 粉飾決算と脱税とは何が違うの? 一般的に粉飾決算とは利益を多く見せる為に行われる行為 ...

経営道具箱

経営道具箱

私が実際使っているディスプレイはコレ!。選ぶ基準やオススメを解説

コロナ禍でテレワークが推奨され自宅で仕事をしている方も多いのではないでしょうか。 私自身も、子供の学校が休校になり思うように事務所に行けない状況になりました。 とはいえ、経営管理や経理を中心としたお金の流れを担う業務を担っており、止める訳にはいかない為遠隔でも作業できる環境を一気に整えました。 満員電車から解放をされたり、毎日同じ時間に出勤をするストレスからは解放されたものに、自宅での作業環境はやはり仕事をすることに最適化された事務所に比べると劣ります。 電話やFAX、上司や同僚との距離など色々ありますが ...

経営道具箱

デュアルモニターとは?作業効率化のやり方やメリットを解説。

1台のパソコン本体に対して2枚のディスプレイを使用するデュアルディスプレイ。 皆さんは使われたことがあるでしょうか。 パソコンのモニターを何台も並べているとトレーダーみたいとかプログラマーみたいだとか色々言われます。 一般事務や経理の仕事でモニターを何台も使っていると大袈裟だとか、意味あるの?とか思われるかもしれません。 私は経理や経営管理をを中心としたバックオフィス業務の構築や効率化を行うコンサルティングを行っている会社を経営していますが、事務職こそデュアルモニターの威力を発揮できる職種だと思っています ...

雑学

雑学

ドリームキラーとは?特徴や対処法を解説

自分の夢を語った時に、身の回りの人たちから反対されたり止められたりした経験はないでしょうか?絶対に応援してくれると思っていたのに話してみたら反対されてしまうと心が折れてしまいますよね。 夢や希望を否定する人のことをドリームキラーと言う言葉で表現することがあります。身のまわりにおけるどのような人たちが、どのような心理で反対するのでしょうか。 ドリームキラーという存在について解説をしていきます。 ドリームキラーには3つのタイプがある ひとくちにドリームキラーと言っても大きく3つのタイプに分かれます。 どちらの ...

雑学

コロナ自粛。言われるがまま自粛すると終わる理由。新しい日常意味について解説。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年4月〜5月にかけて、緊急事態宣言が発出され特定業種に対して営業自粛要請がありました。 同調圧力の強い日本においては、強制力はなくとも下手に営業していると炎上する可能性もあり、多くの業態で営業自粛やテレワーク等に協力をしました。 国や自治体からは過去に例がないような補助金や助成金、政府の政策を通じた借入の枠組みが用意されました。 しかしながら、売上の激減を補うには至らず足りない、遅い等の批判も多かったのは周知の事実です。 今回の新型コロナウイルスの感染拡大におい ...

雑学

go to トラベルキャンペーンとは?内容や異論が噴出の背景を解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、観光業や飲食、イベント業界など、人が移動したり集まる業態を中心に大きな打撃を受けています。 特に旅行や観光業においては、東京オリンピックで最高益を予測していた会社も多かったのが、一転して大幅に下方修正せざるを得なくなっています。 緊急事態宣言発出、経済対策の目玉事業として進められていたgotoトラベルキャンペーンがいよいよスタートしました。 キャンペーンの内容と、課題について解説していきます。 go toトラベルキャンペーンの内容とは go to トラベルキャンペーンは、 ...