小さな組織を強くする。開業前に知っておきたいノウハウ。

たのしい経営

会社員の働き方

社長は孤独なの!?経営者と従業員の法律や立場の違いについて解説

会社の中で成果を出して認められ昇格していく。
会社員として働く中で平社員からマネージャーや管理職へ昇格していく中でゆくゆくは将来独立をしたい。と思って仕事をしている人も多いのではないでしょうか。

しかしながら「社長は孤独な存在であると」よくい言われます。
これから独立しようと考えている人にとっては気になる言葉ことではないでしょうか。

社長がなぜ孤独であると言われるのか解説をしていきます。
ここでは、中小企業に多い社長と株主が同一であるオーナー企業を前提としてします。

社長には社員に対する建前がある

会社内においては社長が経営判断を行い業務に対する責任を負います。
経営方針を決め社員に指示を出し事業を運転していくのが社長の役割です。
リーダーであるが故に社員が心配になるようなことを言えません。
経営が危ないなんて話が社員の間に広がれば、大量退職が起きて多くの売上が遺失するような危機的な状況も起こりかねません。

その為、社長は社内では弱音を吐く訳にはいかず相談相手と相談内容に大きな制約が出てしまいます。
中小企業の多くが契約を持っている税理士を筆頭に、経営コンサルタントや社外にブレーンを持つ場面が増えるという側面があります。
上司に対して言いたいことが言えない社員が多くいますよね。
社長は従業員に遠慮なく何でも言っているように見えるかもしれませんが、決して弱さを見せることができない非常に難しい立場にいるのです。

法律上の立場が全く違う

まずは法的な側面を解説していきます。
日本で仕事をしていくうえでは、法律上の取り扱いが全く異なることに理解が必要です。

経営者

会社法上では取締役、監査役などの役員に該当します。
会社の経営者であり会社との雇用関係ではなく、委任関係となり労働基準法により保護の対象外の立場になります。
一日何時間働くかという概念はなく、会社をいかに操縦して利益を出すかが全てです。
自由である反面、自分の報酬が取れるか、出資したお金がどうなるかも成果次第となる厳しい世界です。
株主が別にいる社長であれば、きちんと責務を全うしなければ株主からの訴訟のリスクすら抱えることになります。

従業員

従業員は会社と雇用契約を結び労働力を提供することで、給与を受け取ります。
労働時間や最低賃金など労働基準法に規制を受けます。
従業員として1日8時間の労働を行い、超過時間には割増賃金が支払われる。
最低賃金以上であることが前提ですが、従業員の能力や担当する業務の内容により給与額を設定して雇用契約を結びます。
時間単価こそ違えど、労働時間を売るのが雇用の仕組みの根幹にあります。
さらには、事業に不安を感じればいつでも退職して違う会社で働くことが出来るのも従業員の特徴です。

社長と従業員は利益相反関係にある

会社はお金を稼ぎ利益を出していかなければいけません。
売上を上げた中から仕入や家賃等の費用を支払い、残ったお金が利益となります。
費用の中には従業員の給与も含まれます。
従業員の給与を抑えれば利益が増え、給与を上げれば利益が減少する。
トレードオフの関係とり、利害関係が対立してしまう為、社長と従業員の間で障壁を作ってしまうことがよくあります。

ひとつの売上を上げ事業を大きくしたり、事業を円滑に行う為には経営者と従業員の協力は欠かせません。
しかしながら経営陣と従業員が一体となり事業を進めるのが難しくなる要因がこういった部分にもあります。

責任の範疇が全く異なる

会社において何か大きな失敗をしたとしても、原則として従業員が全ての責任を負うことはありません。
降格等の人事的な責任追及はできるかもしれませんが、従業員のミスにより会社に損害を与えたとしても従業員に直接賠償責任を取らせることはできません。
損失は会社の損失となり、間接的に社長が損失に対する責任を負うことになります。

さらには、会社が潰れたような場合、社長は清算手続きの他、出資金が戻らないのはおろか、銀行に対して代表者保障をしていれば借金すら抱えることになります。これに対して従業員は解雇されることにはなりますが、経営責任を負うことはなく失業保険を貰えるなど手厚く保護されます。

まとめ

このようなことから、社長と従業員は全く違った立場から仕事に関わっています。
従業員であっても、出世を目指して成果にこだわって働いている方もたくさんいらっしゃいますが根本的な法律の取り扱いが、全く違うことがご理解頂けたのではなないでしょうか。

同じ場所で働いているかもしれませんが経営者と従業員は全く異なる世界からで一つの事業に関わっていると言えます。
全く立場の違う人であるからこそ、従業員同士のような関係性を築くのは当たり前ではなく、難しいでと考えるのが自然ではないでしょうか。

結局のところは社長が孤独かどうかは、会社の経営ほう従業員との関わり方で感じ方も大きく変わると思います。

コミュニケーションを取り無理やり関係性を作ろうとしてもなかなか壁は崩せないでしょう。それぞれの立場を理解し、歩み寄り尊重し合える風土を作っていくことが良い関係性を築くことになるのではないかと思います。

-会社員の働き方
-,

Copyright© たのしい経営 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.