雑学

ネットワークビジネスの勧誘手法を経験者が解説

皆さんはネットワークの勧誘を受けたことがあるでしょうか。

この記事を読んでいる方、何かしらの勧誘を受けたことがある方が多いのではないでしょうか。

何年も連絡がなかった知り合いから久しぶりに連絡があったと思ったら、夢や将来のことを根掘り葉掘り聞かれたり尊敬する人にやたらと会わせようとしたり、理解に苦しむようなことがたくさん起きます。

違和感を感じながらも、何度も会って話をする中で自分の人生について考えたり相手を信頼して、自分も頑張ろうと思ったらネットワークビジネスの勧誘だとわかるとガッカリしますね。

まわりくどいのはもちろん、ネットワークビジネスの勧誘目的であることを隠して人に会わせたりして「騙された」と思うことも多いでしょう。

なぜこんなにまわりくどい勧誘をおこなうのでしょうか。

ここではネットワークビジネスの勧誘の裏側を知り正しい対処ができるようになればと思います。

ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスとは、主催企業に販売員登録を行い、販売実績に基づき報酬が受け取ることができる販売方法のことを言います。

販売と言っても、商品を仕入れることはなく、紹介した人が主催会社に注文し商品が購入されることで報酬が発生する為、在庫を抱えるリスクや商品発送の手間がかかりません。

特徴的なのは、Aさんが紹介した人Bさんが上げた売上がAさんに入るのはもちろん、B紹介した人Cさんの売上に対してもAさんにも多段階で報酬が発生することからマルチレベルマーケティングと言われています。

この報酬システムがあることで、ネットワークビジネス特有の勧誘方法が出来あがりトラブルが多発する結果になっていると言えます。

家族や友人を勧誘してトラブルになることがよくあるので、世間的には非常にイメージが悪いですよね。

法律ではネットワークビジネスは「連鎖販売取引」に区分されており違法でありません。

よくネズミ講と混同されますが、ネズミ講は「無限連鎖講」と言い別物です。

ネットワークビジネスは商品を販売する為の流通組織であるのに対し、ネズミ講は金銭のみをやり取りする為、会員が増えていくと確実に破綻する為、法律で禁止されています。

勧誘方法が特殊である

ネットワークビジネスは勧誘方法が特殊です。通常の物販であれば、商品を仕入れ、宣伝して販売することで利益を得ます。

スーパーや量販店に行けば安い製品が溢れている物を、わざわざ聞いたこともない会社の製品を高いお金を払って買う人がどれだけいるでしょうか。

バリバリの営業マンでもない限り、知名度も何もない商品をいきなりバンバン売上を立てて稼げるような人は稀であり、稼げなければせっかく人を勧誘してもすぐに辞めてしまいます。

ネットワークビジネスは勧誘した人が成果を出せば多段階に報酬が発生する半面、自分だけしか成果を上げられなければすぐに限界を迎えてしまいます。

このことから、新しく入った人がセールスや商品について勉強して自分で売上を上げられるように教育するよりも、チームで役割分担をすることで知識や経験がない初心者でも勧誘活動を行うことを目的に特殊な勧誘方法が根付いていったと考えられます。

勧誘の対象についても、大勢の人に対して製品販売をする訳ではなく、ビジネスとしてネットワークビジネスに取り組む人を募ることで市場を拡大していきます。

基本的には過去ビジネスとは無縁の人を勧誘していくことから、成功者のイメージや、起業の費用やリスク、会社に頼らず稼ぐことの重要性など、ビジネスを始める理由を説くことで、「聞く耳を作る」ことを徹底して行います。

そんな理由から、夢や目的を達成する手段がネットワークビジネスであると、核心に触れるのは最後になるのです。

ここからは具体的な勧誘方法を解説していきます。

①アポイント

学生時代の友人や、知り合いレベルの人から久しぶりに連絡があり、久しぶりに会うと仕事や人生観の深い話をして盛り上がり、信頼関係を築き話を聞いてみるとネットワークビジネスの勧誘だった。なんて話しはよくありますよね。

ビジネスの話をする前に、その人の状況や考え方を理解することから始めます。話をする中で興味づけを行っていきます。

次のステップに進めるタイミングや、勧誘をするかしないかの判断していきます。

久しぶりに会って話そうよなど、勧誘目的であることを告げずに相手の人生感にまで踏み込んだ話をすることも多いので、勧誘だとわかると「騙された」という感覚になってしまうことも多いです。

②ビジネスの教育を行って聞く耳を作る

久しぶりに会った人に、いきなりネットワークビジネスに勧誘をされたら、話の中身に関係なく、怪しいビジネスだと感じてほとんどの人は断わりますよね。

断られるだけならまだしも、繋がりのある人たちに、アイツ変なビジネスに勧誘されたから、連絡があったら気をつけろ。

なんて連絡が回ってしまったら勧誘どころではなくなります。

勧誘を行う前にお茶をしたり飲みに行きます。そこで相手が今どんな生活をしているか、仕事に対してどう考えているのか、夢や目標はあるのかなど、相手の状況を聞くことからはじめます。これをアポイントと言い勧誘の第一段階となります。

ネットワークビジネスの勧誘においては、夢や成功という言葉が頻繁に出てきます。

学校教育においては、学校を卒業して企業や公務員もして就職することがモデルとされており、普通に過ごしていればそれ以外の選択肢を選びにくい環境にあります。

具体的な勧誘に入る前に、時間に対して給与が貰える労働と、一般的に起業をした時の違いを相手に知ってもらいます。

口頭で話をすること以外にも、金持ち父さん、貧乏父さん等の書籍を読ませたり、キャッシュフローゲーム等のゲームを通して将来の不安や権利的収入の重要度を伝えようとします。

③ABC

ネットワークビジネスの代表的な勧誘手法にABCというものがあります。

Aさん(アドバイザー)、Bさん(ブリッジ)、Cさん(カスタマー、クライアント)という役割分担をした勧誘です。これをABCと言います。

紹介者(Bさん)が、勧誘したい人(Cさん)を連れてアドバイザー(Aさん)に会いに行くことになります。

その際、BさんはCさんに対して、事前に経歴や実績を伝えてすごい人なんだという話をしておきます。

この人の言うことなら間違いない、ビジネスのことを教わりたいと思っている状態でABCを組むのが理想とされています。全く同じ話であっても肩書きや背景にある情報で大きく印象が変わってしまいます。聞く耳を作ることを目的に行われています。

これをT-UPと言い、ゴルフの1打目を打ちやすくする為にピンでボールを高くすることからきています。

日本では学校在学中から就職活動を行い、卒業すると会社に就職することで社会人になるのが一般的です。日本人のほとんどがこのような経歴で会社に就職していて、自営業、ビジネスオーナー、投資家と言われる人の方が圧倒的に少ないですね。

普通のサラリーマンが知らないような話をしていくこと、ビジネスオーナーとして自分のビジネスを持つことで経済的自由が得られるというような話をすることで、相手の意識を高めていきます。

理想の生活や夢を実現させている人がいること、その手段があることにフォーカスして話が進んでいきます。

あくまで、理想を実現する為の手段であること。必ずしも好きなことを仕事にするのがベストではないこと。そういった価値観を事前に話しておきます。

法律では、勧誘目的であることを告げずにネットワークビジネスへ勧誘することは禁じられています。具体的な事業説明を行う前に、勧誘されることへの同意を取る必要があります。

④セミナー

ビジネスへの興味を高めて、事業の話を聞きたいという状況まで仕上げてから具体的な勧誘を行います。

ビジネスの具体的内容については、説明会で伝えることが多いです。

ここからは、勧誘された人の考え方次第です。

自分の夢を叶える手段になると即決する人もいれば、さんざん勿体ぶられて結論がネットワークビジネスかよ。と怒って帰ってしまう人がいたり反応は様々です。

まとめ

ネットワークビジネスの勧誘は、このような流れで行われていきます。

第三者に会わせようとしたり、質問をしても本質的な部分ははぐらかされたり。勧誘される側からしたら意味不明なことがたくさん起きるのは上記のような理由からです。

勧誘の成功率を高める為に作り上げてられた勧誘方法ですが、勧誘される側からしたら不誠実であり騙されたと感じてしまいます。

勧誘手法を知ることで、早い段階で勧誘であることに気づくことができます。

ネットワークビジネス以外にも、仮想通貨詐欺や悪質な営業等、様々なものが存在します。

目的がハッキリしない状態で第三者には会わない、セミナー動員には参加しない等で、注意して頂ければと思います。

-雑学

© 2022 たのしい経営 Powered by AFFINGER5